DBD::ODBC

提供: まゆげのメモ書き
移動: 案内検索


インストール

ダウンロードページ

http://search.cpan.org/~mjevans/DBD-ODBC-1.43/


CentOS release 5.7 (Final) (32bit)

事前にunixODBCのインストールを済ませていおく

CPAN経由でインストール

cpan
cpan> DBD::ODBC

多分これだけ。


ソースからインストール

ダウンロード

wget http://search.cpan.org/CPAN/authors/id/M/MJ/MJEVANS/DBD-ODBC-1.43.tar.gz
 
#DBIのバージョンが1.609未満の場合は1.23以前のものを使用する。
wget http://search.cpan.org/CPAN/authors/id/M/MJ/MJEVANS/DBD-ODBC-1.23.tar.gz

展開

tar zxf DBD-ODBC-1.43.tar.gz

コンパイル

cd DBD-ODBC-1.43
perl Makefile.PL
make
make install

使い方

定義されたデータソースを使用する場合

{options}はDBDに渡すオプションのHashを指定。デフォルトで良ければundefも可

use DBI;
 
my $dbh = DBI->connect( 'dbi:ODBC:XXXXXX','login-user', 'login-password', {options}) or die "CONNECT ERROR $DBI::errstr\n";
 
#パスワードまでデータソースで定義している場合は以下でも可(?)
my $dbh = DBI->connect( 'dbi:ODBC:XXXXXX') or die "CONNECT ERROR $DBI::errstr\n";


接続設定を指定する場合

use DBI;
#FreeTDSを使用してMS SQLServerへ接続する例
#DRIVER=にしている値はodbcinst.iniにて指定した値
my $dbh = DBI->connect( 'dbi:ODBC:DRIVER={FreeTDS};Server=ホスト名;database=データベース名;Port=1433;TDS_Version=8.0'
			,'login-user'
			,'login-password') or die "CONNECT ERROR $DBI::errstr\n";